日本人が知らない
ちょっといい英語
                                 by 佐々木 隆

001 「価値観」
There is nothing either good or bad, but thinking makes it so.  (Hamlet.  U. A. 249-250)
いいも悪いも本人の考え次第。(小田島雄志訳)

〔出典〕シェイクスピア(1564−1616)の代表作『ハムレット』の一節。ローゼンクランツとギルデンスターン という友人との会話の中で出て来る言葉。

〔英語の解説〕現代英語の文法でも十分に説明がつきます。中学校で習うeither…A or B「AかBのどちら か」というお馴染みの熟語が入っています。その前に否定を表すnothingが置かれていることから、「Aで もなければ、Bでもない」という意味になってきます。内容的には「よくもなければ、悪くもない」というのが 直訳となります。but以下は、「SVOC」の形となります。soは補語の役割を果たします。itは形式目的語。 上記の訳はいわゆる台詞として訳されたものです。これを直訳にすれば「よいことも悪いこともない。考え 方がそうするのである」といった感じになります。

〔内容の鑑賞〕この言葉はよく考えてみると、味わいの深い言葉です。シェイクスピアの時代だけではな く、まさに今の時代こそ、この言葉が生きていると言えるからです。現代世界はグローバルな視点から見 ると多文化時代となり、私たちは常に異文化と触れながら生活をしています。国際社会での紛争も大き な視点でみれば、考え方や主義・主張の違いからくるもの多いように思えます。ひとりの人や国にとって よいことであっても、他の人や国にとっては悪いことかもしれません。また、「雨はいやだな」と思うかもし れませんが、雨が降らなければ野菜は育つことなく、水不足になるかもしれません。「善と悪」が簡単に 断定できないということを示しているように思えます。





トップへ
戻る
次へ