日本人が知らない
ちょっといい英語
                                 by 佐々木 隆

008「愛情」
Love looks not with the eyes, but with the mind,
And therefore is winged Cupid painted blind.
(A Midsummer Night's Dream)
恋は目でものを見るのではない、心で見る、
だから翼もつキューピッドは盲に描かれている。(小田島雄志訳)

〔出典〕 シェイクスピア (1564-1616)の『夏の夜の夢』の一節。ライサンダー、ヘレナ、ハーミアの会話中、 ヘレナの言葉。

〔英語の解説〕 直訳は「恋は目でなく心でみる。だから翼を持つキューピッドは盲目に描かれている」。 not … but 〜「…ではなく、〜で」に気付けば、まずはOKでしょう。winged「翼がある」「翼を持つ」。 Winged Cupid is painted blind.がもとの英文で、強調のため、倒置されたために、be動詞が主語よりも前 置されています。キューピッドに目がないのはご存知でしたか?

〔内容の鑑賞〕考え方からすると、「外見と実体」(「本音と建前」)にも通じる内容です。「目で見る」とはつ まり、外見を見るということです。「心で見る」とは実体(中身)を見るということです。三高(高収入、高学 歴、高身長)はよく言われるところですが、問題なのは、はやり中身の人間性でしょう。しかし、実際には、年収が1000万円とか、〇〇大学卒とか、身長180センチとか、これを全部そなえている男性がいれば女性はあっという間に心を奪われるかもしれません、最初は。外見は最初の印象では重要かもしれませんが、結局は付き合っていくうちに、自分にあった人かどうかを見極めることになります。つまり、「心で見る」とは外見にとらわれずに、本質を見抜くことになります。最初から中身が見えないところに現実の難しさがあります。恋に限らず、「心で見る」ことができれば、世の中スムーズに過ごすことができるのに。





トップへ
戻る
前へ
次へ