日本人が知らない
ちょっといい英語
                                 by 佐々木 隆

010「文化」
As far as I'm concerned, the written word is mankind's greatest achievement.
(The Day After Tomorrow)
おれの見るところ、文字は人類最大の宝だ。(石田亨訳)

〔出典〕 ホイットリー・ストリーバー の『デイ・アフター・トウモロー』(ローランド・エメリッヒ監督映画、2004 年公開)のジェレミーの言葉。『デイ・アフター・トウモロー』は日本では2004年5月に公開された。

〔英語の解説〕 直訳は「私に関する限り、書かれた言葉は人類で最も偉大な業績だと思う。」まず、as  far as I'm concernedは「私に関する限り」という熟語。似たような表現として、as far as I know「私の知る 限りでは」というのもあります。the written wordは「書かれた言葉」ということから、「文字」とするのがよ いでしょう。achievement「業績」という意味のほかにも「学力」の意味もあります。

〔内容の鑑賞〕 皆さんは、自分の生きてきたことの証をどのように残そうとしていますか。あるいは、自 分がこれまで成し遂げてきたことを、どのように残そう、あるいは知らせようと考えていますか。時間と空 間を越え、それが可能なのは、文字かもしれません。話した言葉はその場で消えてしまいますが、これを 文字として記録すれば、それは残ります。私自身もこうして、インターネットを通じて文章を公開していると いうのは、どこかに何かを「残したい」という強い気持ちがあるからです。さて、『デイ・アフター・トウモロ ー』では最大の宝として『聖書』を取り上げています。もし、一冊だけ人類の宝として残す本は何かといわ れたら、あなたは何というでしょうか? 実利的に言えば百科事典でしょうか。それともこころ豊かにさせ る内容のものでしょうか。キリスト教文化圏でははやり『聖書』でしょうね。イスラム教文化圏であれば『コ ーラン』かもしれません。仏教文化圏では『仏典』でしょうか? そもそも日本は何文化圏なのでしょう か? 何を選ぼうと、はやり文字は残るという意味ですばらしい宝です。





トップへ
戻る
前へ
次へ