日本人が知らない
ちょっといい英語
                                 by 佐々木 隆

012「人間性」
More than machinery, we need humanity. More than cleverness, we need kindness and gentleness. (The Great Dictator)
我々に必要なのは、機械よりも人間性です。我々に必要なのは、賢さよりも優しさや思いやりです。(佐々木隆訳)

〔出典〕 チャールズ・チャップリン (1889-1977)の映画『独裁者』(1940)の一節。

〔英語の解説〕 ここでは、単語についてこだわってみましょう。形容詞の名詞形にいくつかの形がありま す。ここでは、形容詞に-nessをつけることで名詞となるものが使われています。clever 「賢い、頭がい い」→cleverness、kind「優しい」→kindness、gentle「思いやりのある」→gentlenessとなります。同じような ものとしては、dark「暗い」→darkness、shy「恥ずかしい」→shyness, ill「病気の」→illness, great「偉大 な」→greatnessなどがあります。

〔内容の鑑賞〕 人間が人間らしくいられるためには、何が必要か考えさせられます。現代のようなIT社 会では、パソコンができればすべてがうまくいくのでしょうか。すべては、機械化されてしまうのでしょう か。どんなに機械が発達しようと、そこには対人コミュ二ケーションが必ず必要となるでしょう。また、そうでなければ、まさに機械化された社会となってしまいます。頭のいい人はもちろん優秀ですが、人として 優しさや思いやりのない人は冷たい印象を持ちます。最近は人間関係をうまく築いていけない人が多くなってきています。個人的にはいろいろな才能などを持った優秀な人がたくさんいることでしょう。しかし、人 と人とのコミュニケーションは、優しさや思いやりといった心の問題であり、人間性がすべてということではないでしょうか。どんなに科学が発達しても、人間性を失ってしまったら、人間は幸せになれないでしょ う。





トップへ
戻る
前へ
次へ