日本人が知らない
ちょっといい英語
                                 by 佐々木 隆

025「価値観」
When devils will their blackest sins put on,
They do suggest at first with heavenly shows,
As I do now.  (Othello.. V.i.340-342)
悪魔が最悪の罪に人間を誘いこむときには、まず天使の姿を借りてあらわれるという。(小田島 雄志訳)

〔出典〕 シェイクスピア (1564-1616)の代表作『オセロ』の一節。イアゴウの台詞。

〔英語の解説〕直訳すると「私が今しているように、悪魔が最悪の罪を与える時、彼等は本当に天使のよ うな見せかけを持って最初は暗示するだろう」と言うような内容となろうか。最初の文はWhen devils will  put on their blackest sinsとして考えましょう。また、They do suggestのdoは強調のdoで、現代の英語でも 使われています。heavenlyは「天の」ということで、ここでは「天使の」と言う意味でとるとよいでしょう。台 詞として訳されるとなかなか味わいの深いものとなりますが、そのまま理解しようとすると、少し堅い感じ になります

〔内容の鑑賞〕 シェイクスピア劇のテーマである「外見と実体」(Appearance and Reality)をあらわす台詞 のひとつです。悪事が初めから悪事として現れることはなく、正しそうに見える事が最大の難点です。「0 24 価値観」の『ヴェニスの商人』の台詞と同様に注目すべきものがあります。世の中の誇大広告もこう した内容かもしれません。何が重要かと言えば、外見にとらわれることなく、本質を見抜くことです。包装 が立派でも中身がたいしたことのない贈り物もあれば、包装などほとんどないが、心のこもった贈り物も あります。サタンは昔、ルーシファーという天使でしたが、神に戦いを挑み、負けた結果、闇の世界に落 ち、その世界の魔王となったのです。堕天使の末路が悪魔の正体なのです。こうした背景を考えると、こ の台詞も奥深さを知ることになります。





トップへ
戻る
前へ
次へ