日本人が知らない
ちょっといい英語 U
                                 by 佐々木 隆

044「敵」
We'll be better prepared to protect the Senator if we have some idea of what we're up against. (Star Wars: Episod U Attack of the Clones)
どんな敵を相手にしているのか見当がつけば、仕事がやりやすくなる。(富永和子訳)

〔出典〕 ジョージ・ルーカス 原作/R・A・サルヴァトア著 の『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻 撃』(2002)より。アナキンとオビ・ワンが、パドメ議員の護衛の任務に当たったときの会話より。

〔英語の解説〕 Senator「議員」(ストーリーの中ではパドメのこと)。be up against「〜に直面している、〜 にぶつかっている」。直訳すれば、」「もし我々が直面しているものが、何かが少しでもわかれば、議員を 守りやすくなるだろう」となります。protect the Senatorの部分を他の表現に変えれば、いろいろな表現 に広がります。

〔内容の鑑賞〕『スター・ウォーズ』シリーズでは、大きなポイントの場面です。アナキンとパドメの再会。ア ナキンとオビ・ワンの考え方の違いが如実に現れる場面でもあります。自分が何と向き合っているかが わかれば、どう対処してよいかが分かります。特に、自分と敵対しているものが分からなければ、対処の しようがありません。重要なことは「相手(敵)を知る」ことです。どんな行動をとるにしても、慎重さと大胆 さのバランスが重要ということになりそうです。





トップへ
戻る
前へ
次へ