054 悪夢

 

Funny thing about nightmares.  They're like a chronically recurring disease.  Mental malaria.  Just when you think you've got them licked they hit you all over again, sneaking up on you when you're unprepared, when you're completely relaxed and least expect them.  Not, a damn thing you can do about it, either.  Not a damn thing.  Can't take any pills or potions, can’t ask for a retroactive injection.  The only cure is good sound sleep, and that just feeds the infection.

(出典 アレン・ディーン・フォスター『エイリアン3』)

 

(英語の解説)

nightmare「悪夢」、chronically「慢性的な」、recurring「繰り返えされる」、lick「〜を打ち負かす」、least「わずかな」→「ほとんど〜ない」、expect「予期する」、not…either = neither「〜もまたない」、damn thing「どうしようもない」、a damn(否定文)「少しも」、retroactive「さかのぼって」、injection「注射」、sound sleep「熟睡」、feed「助長する、培う」、infection「伝染、感染」

 

(英語の内容)

悪夢というのは、おかしなものだ。慢性疾患に似ている。心のマラリア。追い払ったと思う間もなく、また襲ってくる。すっかり安心し、たかをくくった心のすきをついて、こっそり忍び込んでくる。どうにも防ぎようがない。まったくのお手上げ。丸薬や水薬を飲むことも、時間をさかのぼって注射を打つこともできない。唯一の治療法は、十分な深い睡眠。だが、それこそが悪夢という病の温床なのだ。(東江一紀訳)

 

(作品の紹介)

アラン・ディーン・フォスター/東江一紀訳『エイリアン3』(角川書店、1992年7月)。(映画)リドリー・スコット監督『エイリアン』(1979)、ジョームズ・キャメロン監督『エイリアン2』(1986)、デビッド・フィンチャー監督『エイリアン3』(1992)。



次へ 戻る 目次へ トップへ