063 交渉

It is generally better to deal by speech than by letter, and by the mediation of a third than by a man’s self.  Letters are good when a man would draw an answer by letter back again, or when it may serve for a man's justification afterwards to produce his own letter, or where it may be danger to be interrupted or heard by pieces.  To deal in person is good when a man’s face breedeth regard, as commonly with inferiors, or in tender cases. where a man’s eye upon the countenance of him with whom he speaketh may give him a direction how far to go. and generally, where a man will reserve to himself liberty either to disavow or to expound.

(出典 フランシス・ベーコン『随筆集』)

 

(英語の解説)

a third「第三者」、serve for「〜に役に立つ」、justification「正当化、弁護」、speaketh=speaks、breedth = breeds、countenance「顔、顔つき」、disavow「否定する」、expound「詳しく説明する」、either A or B「AかBのどちらか」、liberty「自由」

 

(英語の内容)

交渉事をするには一般に手紙よりは口頭の方がまさる。又自ら之に當るよりは第三者を介した方がよい。手紙の方がよい場合は、返答を手紙で貰いたいとき、後日、自分の手紙を

持ち出すことを自分の立ち場を弁護するに役立つとき、又は途中で話をうち切られたり、

話をまとめて聴いて貰えない惧れのあるとき、である。自ら交渉に當った方がよい場合は、

その人の顔が効く場合(相手が目下の場合通常そうなる)、話の相手の顔を眺めている自分の眼が、相手にどの程度の事をすべきかを指図するようなデリケートな場合、そして一般に、云い直したり説明したりする自由を自分が保ちたい場合、である。(神吉三郎訳)

 

(著者紹介)

フランシス・ベーコン(Francis Bacon, Baron Verulan and Viscount St. Albans, 1561-1626)イングランド近世のキリスト教神学者、哲学者、法律家。シェイクスピアと同時代人であり、シェイクスピアはベーコンのペンネームだという説を唱える人もいる。

 

(もっと読みたい人の為に)

フランシス・ベーコン/神吉三郎訳『ベーコン随筆集』岩波書店、1935年9月




 

次へ 戻る 目次へ トップへ